しばらく書いていなかったので近況を・・・

相方の体調が昨年の夏ごろより急激に悪化致しまして

 

必死で対策を講じておりました。

 

 

おかげさまで、ほんのちょっとだけ回復の兆しが見えました。

数日前から、お粥を自力で作ったり、おかずを作ったり・・・

まだまだ予断を許しませんが、谷は超えたと思われます。

 

最初は一時的な夏の疲れだと思ったのですが、あれよあれよと落ちていきまして

私も当時は法人化するぞ!!なんて息巻いていましたので

相方は自力で回復してくれるものだと高をくくっておりました。

一週間や二週間動けなくなる事は、わたしも良くあったものですから

そういう時期なのだと思っていたのですが

10月になっても、11月になっても一向に回復する気配がないどころか

どんどんとヤバイ空気に・・・

 

そこで法人化は諦めて、仕事もセーブして相方の様子をチェックする事にしたのですが

どうもチェックどころではダメだと・・・この落ち方は

根本的に何かが壊れてしまっている気がすると思い

 

相方のお薬手帳を引っ張り出して、一から全部チェックする事にしました。

 

最も体調が良かった時期は2014年1月~2015年7月ごろまで

ここと、現在で大きく変わったのは、二種類の薬が変更されている事

相方にその話をすると、どうやら医師が変更を拒否しているとの事。

 

そこで直接、私がその病院に付き添いで行き、何度かその話をして

薬を変更していただけるようになりました。

 

また、相方の体調不良の大きな根源となっていた不眠に関して

深夜にその動向を録画、録音すると・・・どうも相方が感じている不眠と

実際の睡眠が一致していない事が分かりました。

そこを医師に話すと

逆説性不眠という、全く耳慣れない言葉が出てきました。

どうやら、この病気は日本でもまだ研究がほとんどされていないのですが

実際には寝ているのに、眠った気がしない

(どうやら緊張状態が続く事で、脳の疲れも取れていない)

という事が分かりました。

なんという厄介な・・・私は必死でその病気を調べ、論文を訳したりしたのですが・・・

 

面白い事に「逆説性不眠です」という診断が付いた途端に、相方の睡眠が少しだけ

改善されたようです。

どうやら「眠っていない→このまま死んでしまうのでは?」

という恐怖が、緊張のスパイラルを産んでいたのかもしれません。

 

現在、相方の薬を2種類、変更してもらい

不眠の原因が分かった事で、安心感が出てきたのか

恐怖で震えたり、落ち着きのない言動が少なくなったように思います。

しかし、私の体力も限界であったので

以前から検討していた

家政婦さんに週一だけですが来てもらう事にしました。

掃除・洗濯・炊事をやってもらい、ついでに保存食を作ってもらって

なるべく手作りの料理を食べてもらおうと・・・。

これが想像以上に効果があったように思います。

何せ、私が作れる料理といったら雑炊とかうどんとか

お腹に優しい食べ物ばかりで

相方は胃が丈夫な方なので、こんな病院食みたいなものでは可哀想でした。

(ただし家政婦さんの油っこい料理で、私がダウンしかかったのは内緒です)

 

家政婦雇って、良い身分だな?と思われるかもしれませんけど

財政状況は決して良くないです。

家政婦さんの分も私が働かなくちゃいけないんで・・・。

現状、生活費は全額私が負担してます。

働けない人から、金貰うわけにはいかないんで・・・。

結構きついですよ、財布の中身(苦笑)

 

だらだらと駄文に付きあわせてしまって申し訳ないです。

アマゾンの状況も刻一刻と変化していますよね・・・私が言える事は、頑張って古本屋稼業、生き残りましょうというぐらいです。

ヤフオクアプリのバーコード出品が使えなくなった件について

ヤフオク!アプリ「バーコード出品」機能の終了について
https://auctions.yahoo.co.jp/topic/notice/function/post_2086/

私が、一旦中止したヤフオクに復帰する最大のポイントが
ヤフオクのバーコードアプリの便利さだったんだけど
どうやら、運営側のなんらかの都合で
機能が終了してしまったようだ。

かなりの量を出品したので、途中で不具合が起こったという記憶はない。
特にこの機能がトラブルを起こしたという話も聞かない。

検索すると、この機能を好評してるサイトばかりで
特に酷評してる話は聞かなかったので
不評ってわけでもなさそうだけど・・・。

もしもこの機能をデータ情報提供側の都合(料金など)だとしたら
資金源があやしいヤフオクの現状では厳しいのかもしれない。


こちらで出来る事といったら要望を出すぐらいなので
運営にぜひバーコード機能を復帰させてほしいと送っておいた。
バーコードは、ただタイトルやコメントを代わりに打ち込んでくれるだけでなく
稀に存在する、読みにくい文字を確実に入力してくれる。
コメントの定型文を使えば、文字を一切入力しなくても
出品が完了出来るし、ないと本当に困る(´・_・`)


もし、ヤフオクアプリを使っている方で不便だと思う方がいたら
ぜひ要望を出しておいてほしい。
そうしないと、どんどん使いにくくなってしまうのは本当に困る。

逆説的な不眠症:(CAP)法の役割と睡眠覚醒の誤認(要約) 英語論文の翻訳してみた

逆説性不眠について公開している論文が全く見つからなかった為

自力で英文論文を翻訳してみた。

 

機械翻訳よりはずっとマシだと思うけど、・・・英語は本当に苦手だから・・・

原文も載せてますので

間違っていたら、どうぞコメントで指摘してください。こっそり修正します。

 

Paradoxical insomnia: The role of CAP and arousals in sleep misperception
逆説的な不眠症:「Cyclic alternating pattern(CAP)法の役割と睡眠覚醒の誤認(要約)

・Liborio Parrino ・Giulia Milioli ・Fernando De Paolis ・Andrea Grassi ・Mario Giovanni ・Terzano  2008.12.014
訳:園田広宣 

 

・目的
一次性不眠症の睡眠のCAP法の結果と主観的な時間認識の関係について調査した。

・患者と調査方法
逆説的不眠症(脳が不眠と誤解する)の診断で
20人の患者の終夜のポリソムノグラフィー記録(PSG)から集められるデータを
健常者で、性別と年齢20パターンに分けた人々(controls)とのデータと比較した。
入眠の他に、CAPの値と脳波の興奮状態を記録した。

・結果
患者と健常者(controls)*は、客観的な睡眠時間(464分対447分)と客観的な睡眠潜在性*(9分対8分)の小さく比較し難い程度の違いを示した。
逆説的不眠症患者の主観的な睡眠は、健常者(controls)と比較して(285分対461分)睡眠潜在性(51分対22分)と、短時間でかつ記録と比較して大きな時間の開きがある報告をした。

11回の客観的な覚醒の中で
健常者(controls)が5つの客観的な目ざめのうちの2つを説明するが
逆説的不眠症患者は4つの主観的な目ざめだけを報告した。

興奮インデックス(31.7/h対18.6/h)と総CAP率(58.1%対35.5%)は、逆説的不眠症患者の数値がより高かった。
睡眠時間と入眠の、客観的記録と主観的報告は、CAP率が逆説的不眠症患者の64.4%と健常者(controls)の45.1%であったこと。( p 0.002 ) 。

不眠症の人は、ステージI(62.7%対37.5%)に
そして、ステージ2(53.3%対33.1%)にかなりより高い量のCAP率を示しました、
しかし、徐波睡眠においてではありません。
CAP段階A2サブタイプは、逆説的不眠症患者(31%対24%)で、かなり増やされました。

◆結論

研究は、夜(客観的で主観的な睡眠始まりの間の不適当な組合せ)の
入眠時だけでなく長期間の調査とし
主観的グループ化された連続の「客観的覚醒」誤認でも
「活性化と興奮不安定性」の局所的な役割を指し示します。

 

*健常者(controls) 文面ではコントロールズと記載になっているが前後の文章より健常者のグループの事を指していると思われる。

* 睡眠潜在性 正式な用語ではないようで、入眠に至る時間を表していると思われる

 

~~原文~~

Paradoxical insomnia: The role of CAP and arousals in sleep misperception

Abstract

Objective

The relationship between CAP parameters and subjective time perception during sleep in primary insomnia was investigated.

Patients and methods

Data collected from all-night PSG recordings of 20 patients with a diagnosis of paradoxical insomnia (misperceptors) were compared with those of 20 normal gender- and age-matched subjects (controls). Besides sleep staging, scoring measures included CAP parameters and EEG arousals.

Results

Patients and controls presented non-significant differences in the amounts of objective sleep time (464 min vs. 447 min) and objective sleep latency (9 min vs. 8 min). Compared to controls, misperceptors reported a significantly shorter time of perceived sleep (285 min vs. 461 min) and a significantly longer duration of perceived sleep latency (51 min vs. 22 min). In spite of the 11 objective awakenings, misperceptors reported only 4 subjective awakenings, while controls described 2 of the 5 objective awakenings. Arousal index (31.7/h vs. 18.6/h) and total CAP rate (58.1% vs. 35.5%) were significantly higher in misperceptors. In the sleep period between objective and subjective sleep onset, CAP rate was 64.4% in misperceptors and 45.1% in controls (p < 0.002). Insomniacs showed significantly higher amounts of CAP rate in stage 1 (62.7% vs. 37.5%) and in stage 2 (53.3% vs. 33.1%), but not in slow wave sleep. CAP phase A2 subtypes were significantly increased in misperceptors (31% vs. 24%).

Conclusions

The study points out the topical role of enhanced activation and arousal instability not only in the first part of the night (mismatch between objective and subjective sleep onset) but also in the misperception of consecutive objective awakenings which are subjectively grouped together as a single prolonged event.

 

 

◆参考

http://www.sleep-journal.com/article/S1389-9457(09)00225-1/

 

Paradoxical insomnia: The role of CAP and arousals in sleep misperception

 

 

※文章の活用について

あくまでも素人の翻訳ですので、参考にする際はよく吟味して自己責任でお願い致します。

私的な利用における引用は問題ありませんが

 

商用利用などの場合(医学的責任回避の為)はお断りすると思います。

なお、当方の翻訳を参考に、ご自分で再度翻訳して活用される場合は問題ないと思います。

どうぞご自由に行ってください。

その代わり著作権法に則って、原文などの引用元の掲載などお忘れなく。

凄まじきネット販売業者への偏見 台東区の産業貿易会館

先日、某卸から招待を受けて
展示会に参加してきました。

そこで、他の登山ギア関係とお話ししたのですが


ともかく、ネット販売に対する拒否反応が凄かったです。
ある程度は想定していましたが

あるメーカーの営業さんからは
「ネット販売者は、ほとんどが在庫も持たずに販売する!!」
と断言されてしまいまして・・・

そこの展示会のメーカー、卸すべてが強い拒否反応を示していました。
うちと取引のある業者、しかも特定商品のみゆっくりと話が出来ました。

どんだけ迷惑行為してんだ、このネット販売業界は(´・ω・`)

ネット販売業界はまだ未成熟な部分が多く
個人事業主が独断と偏見で
勝手なマイルールを押し付ける事が多いんですよね。
ネット販売業界はまだギルドもなく、最低限のマナーすら教える人がいないので・・・

先のメーカーの話のように
「在庫に無いのに、注文を取る」
「返品、キャンセルを受け付けない」
「注文してから到着までが異常に遅い」
「メールで質問しても返答がない」

こんな当たり前の事が、全く出来ない業者ばかりです。
玉石混交なんですよね。

混乱の時期だからこそ、うちみたいな小さい所が入り込む隙を見つけて、突破してきた部分もありますが
一度ついた偏見を払拭するのは容易ではありません。
以前のITバブル期にIT企業=怪しい業者という扱いだったのと同じ扱いを
今後のネット販売業者も受け続けるでしょう。

元々の商売である古本の仕入れには地域的、物理的な限界があり
壁を破るには新品かつ優良なアイテムを揃えていく事が
絶対必須事項になってくると思います。

卸には「顔と名前だけ覚えてください、いつかご縁があれば是非!」
とお話をさせていただきました。
まるで芸人ですよね( i _ i )

ちなみにネット販売に激しい拒否反応があるので
店舗販売を「見かけだけ」やっている業者もありますが
そこもメーカー、卸は把握しているそうで
小細工で信用を失うような事はやめといたほうがいいと思いますね。


うちは、今後も店頭販売を行う予定は一切なく
むしろ店頭販売と併売する事の方が、よほど問題だと思っています。
在庫の管理がいい加減になり、当然ネット販売の顧客側に迷惑をかける事になりかねません。
お客様はマイナス評価をつけなくっても、実は腹わた煮え繰り返るほどに怒っていると思いますよ。
店頭販売なら、店頭販売専用に在庫は分けるべきだと思います。
まぁ、無理でしょうね。みんな欲の皮が突っ張っていますから。

たぶん小売店は次々と潰れていき
いずれはネット販売に門が開くのではないかと思っていますが
まだしばらくは時間がかかるでしょうね(´・ω・`)

フリーミズムそのものが、もう限界に来ている気がするんです。

某タレントが絵本の無料公開、賛成意見が反対意見を駆逐している感じだけど、俺は反対意見の言いたい事も分かるんだ。
なぜなら今の出版業界はネットの普及によって、危機的な状況にあるのだから。
フリーミズムで売り上げを伸ばすって発想は、結構昔からあって
例えばゼリーがお菓子として登場し、成功したのもフリーミズムだ。
しかし、世の中にはフリーライダー問題」というものも存在している。
無料しか使わない利用者の事だ。心当たりある人も多いと思う。
そしてネットがフリーライダーの天国となった結果、出版業界は破綻寸前になっている。

フリーミズムという考え方は、あくまでも一時的な売上を伸ばすやり方であって
しかも単独でやるから意味がある。
これを全員がやり出せば、あとは安値競争と同じで体力勝負になるだけだ。
結果、誰が勝つかと言われれば間違いなく大手一社が全て独占してしまうだけなのである。

それは結果的に、利用者にとってもマイナスの効果が出ることは間違いないだろう。
一社独占が消費者にプラスになることなど何もないはずだ。

だがしかし

今の出版業界、読者にとって良質な出版が必要なのだろうか?
はっきり言ってクズみたいな本を大量生産し、読者は惰性のようにゴミみたいな値段で買って、そのままくずかごに捨てるような
そんな読者ばかりなんだと思ってる。

たぶん、良質かつ良心的な作家は自費出版、同人誌へ移行し「値段が高い」と批判を受けながらも頑張って制作活動を続けるのだろう。
商業主義的でクズ本を大量生産してくる作家は、大手でゴーストライターと大差ない扱いを受けながら暮らすのだろう。

どちらにも未来は見えないが、少なくともゴーストライターのような生き方だけはしたくないし、俺が読者なら好きな作家にさせたくはないなぁ。

テレビドラマ 嫌われる勇気について

テレビドラマ「嫌われる勇気」
ためしに見てみましたが・・・まだ3回目みたいだけど
個人的な印象としては

話は ( アドラーの復習として ) 面白いが、ドラマは特に面白くない。
というのが個人的な感想。

・主演の方の演技は、特に演技とはいえずセリフの棒読みに聞こえる。
(そういう演技だとしても、やりようはある。あれでは下手な棒読みにしか聞こえない)
・決め台詞らしき「明確に否定します」がウザい。不要。
・CGらしきシーンが多様されているが、写実的ドラマには無駄。アニメっぽい幼稚な演出。

見どころは教授と「主人公のバディ(相棒)」の対談シーンぐらい。
(ここが本来の原作の本筋)

もしかしたら主演の方はあくまでもドラマという体裁の主人公であって
本当の主演は相棒の方なのかもしれません。

「嫌われる勇気」をテレビドラマでやる事が本来の目的で
それ以外の部分は、過去の人気刑事ドラマの焼き直し?という印象です。


それでもテレビドラマに踏み切った事は評価できると思います。
そのまま、問答の空間だけでワンクールを続けるのは
映画ならなんとかできますが、視聴率を考慮しなくてはいけないテレビでは難しかったと思います。
その英断だけは評価したい。
アドラー心理学は、現代の日本の心理学の中では不当に評価が低く
フロイトユングの方ばかり評価されていますが
もっとアドラーの良さを理解してもらいたい・・・そう思う30年来のアドレリアンの意見でした。

あくまでも個人的な意見です。
お好きな方には申し訳ないです。

どうも私自身が低血糖症になってる可能性あり。

どうやら私は知らないうちに低血糖症になっていたようだ。

ときどき指の震えが現れて、目眩がする。
甘いものを食べると15分程度で回復する。

調べたら低血糖症に一致した。
今度、かかりつけ医に確認してもらおうと思ってる。
どうやら、糖分を一気に取って回復する手法はよくないらしい。

食事療法になるのだろうか。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。