読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋が無くなれば古本屋だって死に絶えるわけで

#古本

色んな地域で買取チラシを撒くと
その地域性がはっきりと出てくる。

八王子は古い街なので、古くからの書物が結構残っているし
本屋が結構頑張っているので、買取もできるわけだけど



本屋がない街では、古本屋が買取をしても、ほとんど書物は出てこないだろう。



古本は、本屋というルートから顧客に渡り、その後で私たちの元へ来る。
本屋が無くなったらアマゾン?
いやいやネット通販での本は必要に迫られたものしか買わないので
本屋という回遊して購入する量には到底かなわない。

しかし古本屋が存在する事は本屋にとってプラスになるのだろうか?
たぶん現在は全くマイナスにしかなっていないはずだ。



このままでは、本屋が潰れ、連鎖的に古本屋も買取が出来なくなり潰れてしまうだろう。
コンビニの雑誌コーナーがあるが、雑誌の買取でやっていく事も不可能ではない。
だが、それでは小遣い稼ぎに程度の利益にしかならない。


アマゾン、新刊本屋、古本屋
この三者は今後、どうやって共存していくのだろうか。共存していけるのだろうか?



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。