読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶ回復してきました。 お盆休みです。 妖怪ウォッチにみる自由主義経済の問題点


お盆休みです。

通常営業とまでは行きませんが
出荷の回数を減らしつつ営業しています。

普通は一日1回出荷するのですが、お盆はサイクルが微妙に長くなります。
だいたい1.5日に1回(笑)

普通の出荷サイクルだと・・・ちょっと注文数が物足りない感じになるんで
いつもの出荷本数に近くなるぐらいの注文数までためこんで出荷する感じになります。
もちろん土日は休みます。たぶん(笑)





たまたまテレビを見たら、自称セドラーという人がテレビにて現れ
妖怪ウォッチを入手、高額で売ってます。子供が泣いても譲りませんよ、当たり前でしょう」
とのたまっていた。

これが本当のセドラーと呼ばれる人物かは知らない。
テレビはやらせも多く、いちいち信用していたらきりがない。

しかしながら、これに対する擁護意見がネットで多く散見されるようになったので
一応、個人的意見を表明しておくと



こんなもんに手を出して、小銭を稼ぐようじゃ商売人とは言えないな。

ここのリンクから商品出品者を見てごらんなさい。
この新品を出品している数と、その評価数を。

まるで素人のような評価数じゃないか。

そして、95%以下&100%(評価数が少なすぎ)となってる出品者の多い事。




それと 「金を払えば何でも手に入る」 という状況って本当にいいですかね?
私にも離れて暮らす娘がいますけど、こんなの絶対教育に悪いと思うけどね?

これがおもちゃだから、みんな黙ってますけど
これ お米 だったらどうします?
日本米、3000円が13,000円
間違いなく、政府は介入してきますよ。


こういった、金額を自由に決定できる経済のあり方を、経済自由主義というのですが
(みんな高校でならったよね?)
この経済自由主義というのは、時に激しい不安定さから弱肉強食の側面をだし
弱者を一掃してしまう事があるんですね。
「弱肉強食、仕方ないじゃないか」と思う人がいるかもしれないけど
それは大きな間違いで

弱肉強食の理論がそのまままかり通れば、我々は 強者も含めて全滅する って事です。
なんでって思うかもしれないが、弱者を肉にしている以上は弱者を全て肉にしてしまったら、餌がなくなった強者は食が取れなくなり
当然ながら強者も、全滅するわけです。

最も長く反映するのは、強くも弱くもなく、バランスを取って生きるもの です。
人間が広範囲に長く反映してきたのは、極端に強くもなく
そして弱者を守ってきたからなんです。



商品の3〜4倍もの値段で商品を出品する素人セドラーたちが
強者と言えるかどうかは知りません。
大手おもちゃ店がやろうと思えば、いつでもアマゾンに進出して、そこで販売する事も可能でしょうからね。

まぁ、それに、こんな商品をいつまでも仕入れて売ってるようじゃ
最悪の場合、マイナス評価を連続でくらってアカウントを抹消されるでしょうね。
先日も顧客満足度が異常に低く、アカウント抹消された人がいたようですし。




私個人で言わせれば、こんな商品の為に何時間も店に並んで
買いたい子どもから商品を取り上げ、罵倒され、アマゾンで売ってたった1万円の利益


良い悪い、善悪の判断以前に、なんて大人げない連中だ。
ってのが個人的な意見です。


もっとさぁ・・・社会の為になるような仕事しようよ・・・。こんな、自分以外、誰も得しないような仕事、つまんないじゃん・・・。
あなたのお客になった人は、あなたをボッタクリだと思い、あなたから商品を奪われた子供たちは、あなたを恨み
いったい誰が得するのさ・・・。

こんなの、古書店の奥で眠っている貴重書を買いやすい形でネットのカタログに出す、そういうセドリをしてる人とは全く違う、ただの転売屋・・・いや、こんなの買占屋じゃん・・・。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。