読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コッヘルでレトルトカレー 炊飯をしながら、湯煎無しでレトルトを同時に作る

登山

以前から気になっていたのだけど
コッヘルのサイズが限界に近いんで、レトルト湯煎の部分を
なんとかしたいなと思ってた。

ふと缶詰の作り方をチェックしていたら
「なぜ缶詰をフタをせずに湯煎、直火してはいけないか」
という事を詳細に記載してあるサイトがあって

缶詰の内部の空気が膨張し続けるが、外装が硬質な缶詰は圧力が外に逃げず
爆発してしまう・・・
でも蓋を少し開封しておけば、圧力は逃げてくれるので大丈夫。
レトルトは外装部が柔らかいので、膨張、破裂しても危険は少ない
という事だった。



んんん?
てことは、レトルトでも直火・・・はやっぱまずいだろうけど
膨張、破裂しなけりゃ、湯煎にこだわる必要ないんじゃ?

試しにチャレンジ。

ご飯をレトルトじゃなく、通常の炊飯(米から炊き出し)にして
その上にチキンカレーを、そのまま載せてみる。


・・・後で気が付いたけど、よく見たらパンの取っ手が邪魔で、熱が伝わりにくそう
気が付いた時に慌てて、取っ手をまげて


出来上がったので蒸らし状態。

開封前に、温度を確かめてみると
湯煎で3分かけたのと、大差ない。

コッヘルを開封、炊飯したご飯を混ぜたところに

ご飯にかけて食べてみると・・・うん、大丈夫ぽいよ。



湯煎にこだわる必要、ないんじゃないかな。たぶん。


★こちらの過去日記もどうぞ★
うちで使ってるコッヘルの比較と紹介
プリムス、エバニュー、メーカー不明のロッキーカップ


縦長コッヘルで簡単レトルトカレーライス



プリムス115フェムストーブで
マルタイの醤油とんこつ棒ラーメンを作ってみました。


コッヘルで炊飯


登山カテゴリー



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。