FBAの在庫保管制限、もちろんうちにも来ています。2000制限らしいです。

いまネット販売関係で話題になっている、在庫保管制限。
うちにも先日来ていますが、放置状態です。

えっと、一年の回転率を6にせよという事だそうですが


古本屋なめんな


としかいいようがない状況です。

そんなに売れるのはコミックセットぐらいでしょたぶん。
もしくは赤字覚悟で評価目的の1円本をガンガン投入するとか。

いずれにしても、2か月で売り切りましょうってのは無理ですわ。
2年たっても売れない本が結構あるのに(苦笑)


周囲の反応としてはおおよそ
「売れない本を引き上げなきゃ」
というのが大勢ですが、うちは違いますね。売れない本はそのままです。
売れない本を引き上げて、どうしますか?捨てますか?
何の利益にもならないでしょ?それじゃ。

FBAの最大の利点は
・まず売れる事(FBAが顧客に選ばれる率は非常に高い)
・倉庫が空く事
・送料が安い
この3点だと思ってます。

なので、なかなか売れない本はそのまま。
それを引き上げて倉庫に入れて自己発送にしたら
もっと売れないでしょ?
廃棄する分を引き上げる、もしくは処分するなら別にいいけど。

次に、倉庫に送る本の選定条件を変える。
分かりやすく言うと「倉庫を圧迫する」「送料負担が大きい」在庫を重点的に発送し、負担の軽いものは自前発送にする。
例えば、「文庫本はもう送らない」これは倉庫で売ればいい。
逆にコミックセットや大型書籍を選定条件の上位にあげる事にする。
もちろん今までもそうだったけど、文庫本が倉庫を圧迫する分、より一層コミックセット類は倉庫で管理していただく事にする。

ようは2000という在庫保管制限にひっかからなければ、なんでも良いわけですので
何もアマゾンの言うとおり回転率を上げる必要なんて全くないわけですよ。

あくまでも先方が出したルールに従えばいいだけで
「回転率に達しないなら在庫保管制限をかける」というのは罰則でもなんでもなく
それならそれでいいと受け入れれば済むだけの事。

今時、大型の書籍やコミックセットを2000集めるのは結構骨が折れるので、
2000もあれば、まぁ問題ないだろう。

しかしまぁアマゾンは、ほんと出品者への規制や締め付けは躊躇しないよね。

↓マウスを応援リンクに合わせると本音コメント見られます。↓
 ブログランキング応援クリック、イイネの代わりになります。よろしくお願いします。




あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。