読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訂正記事 ブックオフインラインコードについて

ハテナブログって、たまに当日の記事が編集できなくなるんですが
これ、なんでなんですかねぇ・・・

当日分を編集しようと思ったけど
それが出来ないようなのでべっこに訂正記事として。

れんぽんさんに直接指摘いただけました。
どうやら現在のブックオフオンラインのコードはCSVで公開されているようですね。
どうゆう意図で公開しているのかは分かりませんが

なので、現在出版されているコードじたいは問題ないそうです。
まぁ今後はどうなるのか、ちょっと想像できませんが。

というか、そもそも
ビームせどりってまだ生き残っているんですかね^^;
私はブックオフにいっても、コミックセットの抜けと、自分で興味がある本(演劇、医学、スポーツ)ぐらいしか見ないので
正直どうなっているのか分からないんですが。


一時期は大量にみましたが
最近は見ないような・・・まぁ私自身、彼らには興味がないんでいいのですが。
私は自宅で値段の査定の時に使うぐらいなので
そもそもシールを剥がしてしまうわけですし
もっか注目しているのは、そのシールの粘着力が強いか弱いかですからねぇ。

買取本には結構、ブックオフ経由で来るものの多いので
あのシールの粘着力は、こっちの仕事の効率に結構影響してくるんですよ。

れんぽんさんがブックオフの独自バーコードを調査して
その中身がブックオフ某サイトのコードである事を突き止めた。

素直にすごいと思ったが
それと同時に、その中身を公開してしまってもよかったのか心配になった。

サイトをチェックしたら、たしかにJANコードが記載されているし
バーコード経由→サイト→JAN読み出し→アマゾンサイト検索
という流れで、色んな情報を取り出す事は可能になるだろうけど

もしこれが多発したら、ブックオフは検索しているサーバーを突き止めて
ブロックをかける、もしくは現在公開しているJANコードを削除するんじゃないだろうか?
ブックオフのサーバーはアマゾンほどアクセスもないだろうし
一時間に数千回もアクセスしてきたら、さすがにブロックをかけてくるような気がするのだけど。
ブロック程度なら回避策もあるだろうけど、JANコードを全て削除、廃止した場合
難儀になるような気はする。


まぁ個人的には、うちではバーコード検索は商品の値付けの時しか使わないので
(そのシールはたぶん剥がしてしまうから)全く問題はないのだけど。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。