読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇都宮ぎょうざを食べてきた

高次脳機能障害学会に参加してきました。

その各論レポートは明日に回すとして
今日は、もろもろそれ以外の事を。


八王子から出発し、ひとまずは下道で宇都宮まで。
16号線を通って、4号線に接続し、あとはのんびり北上しました。
4時間ちょっとかかりましたが、道路はそれなりに安定していて
16号線は特に走りやすかったです。
4号線はもうちょっと広いとありがたいかな。

実は学会に参加直前に、軽く登るつもりだったのですが
到着時にやや疲労で参加に不安を感じた事と
同行した母上が夜の山行に難色を示した(不気味がった)ので
休憩して様子をみていたら・・・寝てしまいました(苦笑)

学会の会場に到着して母上と別れる。
母上はそのまま日光へ観光に行くそうだ。

会場はサブホールだったのだけどおそらくは2面ステージ584席が
ほぼ満席状態だった。
たぶん岡山で行われた時より人は多かったんじゃないだろうか
机が無かったのが記録がとても辛かったのと
録音不可だったのが、かなりこたえた・・・いやもしかしたら
岡山のも録音不可だったのかもしれない。
記憶しているのが途中からなので、たぶん私たちは最初のアナウンスを
聞いていなかったのだろう。
今回聞いたところでは録音、録画不可で
ここで患者の個人的な見解も話すので
守秘義務を守ってくださいという事だった。
まぁ・・・あくまでも個人情報など患者の話だと思うし
いわゆる仮説などを紹介するのは別にいいだろうと勝手に解釈しているが。

場内は暑く、息苦しかった。
休憩が行われるたびに、参加者は酸素を吸いに外に出た。
まさか、こんなところで酸素缶を持ってこなかった事を後悔することになるとは思わなかったが。


そうそう、ワンタッチ冷却パック、ヒヤロンミニを試しに昼休みに使ってみたが
記載されているようなほどの冷却効果はなかった。


効果としては、こっちの方が遥かに使いやすいです。
効き目は短いけど、使いたい時に使いたいぶんだけ使えるのが強みですね。
問題は、これをコンビニで売っているのを見たことがないので
結果的に氷を買ってしまう事だけど。

あと、クーラーボックスも限界まで冷却材を入れて来たんですが
せいぜい1日程度ですね、持ったのは。
冷たかったけど、私が必要な温度はたぶん-5度以下なので、ちょっと厳しいかも。


内容は後日の各論に回すとして
無事、全てが終わってぐったりしていたのですが
母上が「日光、紅葉が綺麗だったけど渋滞がすごかった」と言いながら迎えに来てくれました。
・・・といっても、八王子〜宇都宮間の運転は全て私がするんですけどね(苦笑)
宇都宮に来たのだから餃子が食べたいと母上が言いまして
私もそれに賛同したのですが

いや〜並んでましたね、宇都宮餃子みんみんっていう駅前の有名店なんですが。
焼き餃子、揚げ餃子、水餃子とライスを頼みました。
味で言えば、焼き>水>揚げの順だと思います。
食べやすさは、水>焼き>揚げでした。
揚げ餃子は、正直エグかったです。ただ若者が食べるには美味しいかも。
私は揚げ餃子はもういいです(苦笑)

帰りは高速道路で帰りました。
最初、ルートを考えたとき
高速道路は2時間短縮で+4000円という値段に驚き
短縮+1時間で2000円なら、バイト感覚で下道を走ったほうがいいやと思ったのですが


よく考えたらETC割引を完全に無視してました(苦笑)

最近、高速使わないから全く忘れてた。
土日祝日なら半額になるので、じゃあ2000円か・・・それなら使ってみるかという
考えになり
ためしに鹿沼から入場、途中で
「首都高を通るから4000円もかかるんじゃない?圏央道から行ったほうが安いんじゃあ?」
と思い立ち、圏央道白岡菖蒲まで行って、一度降り
そこから桶川ICまで下道〜そこで再度圏央道に乗ってあきる野まで移動しました。
結果的に1650円だったので、首都高を使うより断然安くなったし
時間的にもやや(10分ぐらい?)短縮できました。
圏央道が全面開通したら、楽になるだろうなぁ。



明日から各論についてのレポートを上げますが
面白そうなのは「うつとアパシー」の関係であったり
「メモリートレース」の非注意短期記憶時間の測定
そのほか、志向性の神経心理学であったり、注意障害というものを新たな方向から観察したりと
8000円分の価値はあったと思います。


まぁ、私の後ろの方は加藤先生の発表中、寝ていたようですが(苦笑)
前置きが長すぎて、重要な部分がまとめの数分でしか語られなかったので
それも仕方なかったかなとは思いますけどね。
私も船を漕ぎかけていたので(苦笑)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。