読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミックセットの揃え方

いま、うちが揃えようとしているのが
嘘喰い碇シンジ育成計画・ギャンブルレーサー・小さな恋のものがたり・ナルト・死神くん・わたるがぴゅん・三国志文庫版・エトセトラ
基本的にスタートは個人買取で集まったものが、一定ラインを超えたら
セットにする事にしている。

だいたい1/3以上、または自分が読みたくなりそうな本などを集めるつもりなのだけど
実際に読んだ事があるのは死神くん、わたるがぴゅんぐらい(苦笑)
この前うったスラムダンクですら、読んだことがないんだから・・・。


揃えて売れば売価は大半が安くなってしまうのだけど
(たまに高くなるのもあるけど)
かなり確実に売りさばく事が出来る。
なにせ、単行本だと1000の出点があっても
セットじゃせいぜい50程度。
しかも、ある程度は値段がついているから
最安値にしておけば
1000点1円本と比較したら、売れる確立は全然高い。


問題は、どこで残りの抜けを揃えるか?
最近の仕入れは
ブックオフで105円を集め、その最終巻をチェックし
次にアマゾン1円本(実質251円)
この後が難しい。

新書版はブックオフで250円で見つかるので、アマゾンで250円を超えている場合は
こっちを探せばいい。
文庫、単行本はブックオフで300〜400円なので
アマゾンで50〜150円程度なら、こっちを買ってしまうのもありだと思う。
非常に厳しいのが、プレミアムがついてしまった本。
たとえば、わたるがぴゅんの最終巻は1500円もするので
とても販売用仕入れには向かない。
がしかし、ブックオフでもほとんど見かけなくなってしまっている。
これは・・・実に困ってる←未解決かよ(笑)
まぁ一番面白いと評判の全国二回戦までは読んだから
あとはどうでもいいんだけど。
・・・いや、良くないか(苦笑)
棚がたいがい埋まってしまって邪魔だ。かなり回っているんだがなぁ・・・。

流れとしては
ブックオフ単C→アマゾン1円(文庫、単行本は150円まで)→ブックオフプロパー→愛と勇気と友情の奇跡で。
って感じだろうか。

ただ、やはりそろえる前に価格調査はしておいたほうが良さそうだ。
流行があるならともかく、人気があっても値段がつかないのがよくある。
最近だと、釣りバカ日誌のセットがそうで
最新刊85巻?だかを全部そろえてもせいぜい1500円程度が実売価格になってたから
そりゃあんまりだろうと。
それなら1冊ずつ売った方がマシ(苦笑)
まぁうちは、最新刊、美品以外は破棄するかブックオフ行きになるだろうね。
こういうタイプの本は、なぜか少年サンデーに多い。
単行本販売に依存しているんだろうか?


まだ読めるレベルの本を破棄しなきゃならんのは
実に心苦しいのだが・・・。
かといって何十冊も出点されている、しかも全部最安値の本では
売れる見込みが立たないから致し方ないんだが・・・。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。