読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏風邪? 先月100万突破・・・しかし  iPhoneのUSBケーブルが反応しない?

ネット販売運営

携帯電話をiPhoneに変えたのだけど
どうも扱いが分からず四苦八苦。
パソコンのUSBに充電器を差し込んだら「このアクセサリは使用できません」と表示されるも
検索をかけたら

・純正品じゃない。
・断線して電圧が下がっている。
という書き込みがある。
ドコモショップで購入した純正品だし、断線したら電圧が下がるなんてもんじゃないはず。
でも電圧が下がってる可能性は高いのでハブを使わず、直接PCに接続したら
解決した。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


先月の月商は100万を超えてしまった。
よかったよかったと、喜べるような人ではない。
実は開業して数か月で90万超えを経験しており、そこでわざと売り上げを落として収益を確保する方向にシフトしている。
減収増益

これが重要なチャレンジだった。

つまり、今のうちは収益を削って増益する手法が、すでに限界に達していて
これ以上の収益を得るには、増収するしかないと判断した。

なぜ過去に減収増益方向にシフトしたかというと
・さらに収益を増大させるには多額の資金(元手)が必要になる。
・収益が増大すると、会計が複雑になる。
この2点が大きい。


まず、元手が少ないうちとしては、限りなく仕入れ金額を削りたい。
当時、すでに限界近い仕入れに対して、売上はそこそこ出ていたが、利益はそうでもなく
それを超えるには、削れるところをガシガシと削る必要があった。
収益が減るのを覚悟し、仕入れ金額を限界まで落とす方向にシフトした。

それと収益が増大するという事は当然、設備投資や税金関係が大きく絡んできて
複雑になる。
当時、会計にまで手を回せなかったうちでは、そこを抑えるためにも
小さな売り上げで、大きな利益を得られる方向にシフトせざるをえなかった。



だが、それも4年目に入り、限界が来ている。
一定の成果は出たが、一定以上の成果は出ていない。

もっと大きくする為には、やはり新品で仕入れて
次々と回転させなきゃいけないだろう。


そこで、数十点の特定商品に狙いをつけて、直接何社かのメーカーにアタックした。
たぶん20社以上に営業をかけたと思う。
現在、そのうちメーカーが対応して現在も取引があるのが1社、卸に回され取引継続が1社
卸から見積もりをもらって検討したがダメだったのが半分ぐらい、返事無しも4〜5社
半年以上待たされた挙句、展示会まで行ったのに、むげに断られたのが1社
鼻で笑われたのが1社

やはりメーカーと直接取引を持たないとダメだとつくづく分かった。
卸から見積もりを出してもらい、検討したが
ほぼ全滅に近い状態で アマゾンの方が安い というありさまだ。

定価の半額とかで出されてしまっちゃ、どうしようもないのが本当のところ。
商品によっては、メーカーが直接アマゾンに出しちゃってるんだから
こちらで売りようがない(苦笑)



医療機器(血圧計とか、酸素飽和計とか)にも手を広げられないかと思ったが
想像以上に「医療機器販売業の許可」のハードルが高く
うちで売りたいものをランクでチェックしたら、どうやっても無理だと分かって諦めた。
(医者とか経験者なら大丈夫なようだが)
ネットで売ってる事業者の中で、ちゃんと許可とってるのは何割ぐらいいるんだろう?



・・・・・・古本屋・・・だよ?(笑)


最近は「ネット販売業です」という紹介の仕方をしていますけどね。
古本屋だけでやっていくのは、正直しんどいってのが本音です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夏風邪なのか、なんなのか
先週から体調不良とストレス過多でぶっ倒れてしまい
出荷作業以外、ほぼ寝込むという悲惨な状況に陥る。

夏というタイミングが悪いのか、食べ物を口にすると吐くという事が繰り返し
腎臓が悪いせいか、全身が浮腫み、目が充血し、会話すらままならない状況。


今年をちゃんと健康に過ごしたい・・・(苦笑)



ブログ右側のアマゾン検索窓がバグっていたようですが
最近(何もしてない)元に戻りました。
なんだったのでしょう?(苦笑)
どうぞ今後もご愛顧いただければと思います。



当サイトの収入源は広告になります。
左のバーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!
アマゾンサイトに飛びます



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。