エクセル一括登録と、単品登録、どっちが早い?

以前、某作家兼古本屋さんに質問を受けたのですが

エクセルを使った一括登録と、単品登録
どっちが早いのか?


これは通常は一括登録の方が当然早いのですが
商品をバーコードで検索、バーコードで登録してる場合に限るんですよね。

うちや、某古本屋さんの場合
古い書籍が極端に多い事からタイトルを打ちこむという作業があり
そのうえで商品を確認してからASINをコピーして
エクセルに移行するとなると、結構な二度手間になってしまう・・・


私の場合ですが

出足の早い物≒新しい書籍≒バーコード付の本は
エクセル一括登録を利用していますが

実は出足の遅い≒古い書籍≒「キーワード検索が必要な本」
は、アマゾンで検索した直後にそのまま
「マーケットプライスに出品する」ボタンを押して出品しています。

コンディション説明だけは、別途にエクセルに状態コメント用のテンプレートを
大量に用意してありますので、そこから適切な物を抜き出して
あとは数字を入力するだけですんで。

それに、入力した直後にFBA発送用ラベルも印刷しています。
これはエクセルで大量に入力して、後から一枚ずつ貼るよりも
ミスが少なくなるんです。
というか、後からタイトルとラベルを照らし合わせて貼ると、どうしてもミスが起こります。
だから「1点入力→1点ラベル印刷」という方式を私はとっています。


もちろん、ここだってエクセルを使った方が早い、ミスが少ない方法もある・・・という意見もあるでしょう。
それはそれでいいと思います。
ただ、アマゾンはかなり早いスピードで、仕様を変更しますので
一番てっとりばやく覚えられ、かつ変更されても対応しやすい方法というのが
直接出品するっていうやり方なんですね。




まぁ最終的には自分が馴れたやり方が一番だとは思いますけどね。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。