読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破産寸前・・・お金を借りる時に絶対にやってはいけない事

#古本

札幌・久住書房破産、会員らへの返金困難か
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0153125.html

 同社は一般債権者への弁済は困難な状態。関係者によると、クラウドファンディングによる改装資金は300万円が目標だった。「寄付型」のため資金を出した人に返還する必要はないというが、書店閉鎖により善意はふいになった形だ。

 年会費1万円の「友の会」の会員は約120人。4回に分けて計7千円程度の書籍が送られてくることになっていた。これまでの配本はゼロで、今後も送られる可能性は小さいという。

こういう時代なのだから、自己破産や倒産は仕方ないと思う。

でもね・・・自己破産前に、絶対にやっちゃいけない事がある。

・第一に、闇金から借りる事。
連中は、仮に裁判所が自己破産を決定しても追いかけてくる場合がある。
場合によっては事件に巻き込まれる場合もある。絶対ダメ。

・次に、一般人の債務弁済は済ませておくこと。
自己破産は仕方ない。
だけどね・・・一度お客様を裏切ったなら・・・絶対にその信頼は回復出来ない。
つまり、再度の出発は不可能だ。
もし仮にこのような元経営者がうちにバイトに来たら、絶対に拒否する。

このふたつは、いわゆる法的なルールではないけど
商売人として最低限のルールだと思う。
銀行が金を貸して、会社がつぶれて、債権回収不可能になったのならそれは仕方のない事だ。
銀行は財務を調べて貸しているのだから。
一般人は、そういう事はしない。信用貸しだ。そういう相手を裏切る事は絶対に許されない。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。