読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半沢直樹を今更ながらに観てる

映画、演劇、ドラマ

銀行の事はよく分からないけど
ストーリーはよく練られてる。脚本家は本当にうまいと思う。
あまりネタバレにならないようにしますけど・・・

DVD blu-ray

途中までは、ただ面白いドラマだなって思っていたけど
近藤直弼(滝藤賢一)さんが出てきて、ずいぶんと心を動かされた。

もし自分が出向されて・・・あの状況で常務取締役から同じ事を言われたなら・・・
私も同じように裏切ったんじゃないかなぁ・・・いや、どうかな?
でも即拒否は出来なかったはずだ。
それぐらい強烈なシーンだった。あのシーンが目に焼き付いて離れない。

半沢さんの「倍返しだ!」は正直、子供っぽいなという印象しか受けなかったけど
それが彼の演技力で素晴らしい掴みになっていたのは間違いない。
勧善懲悪が求められていると言われていたけど
確かに時代劇の空気は強い。何せ歌舞伎役者もこれだけ入っているのだから・・・。

あと、半沢ネジの融資を打ち切って半沢慎之助が自殺するきっかけになったのは事実だが
彼にもう少し忍耐力があれば融資先が見つかった時点で自殺する意志を打ち消す事が出来たわけであり
あくまでも自殺の一要因であって自殺の原因として彼を憎むのは筋違いのようにも感じる。
(まぁそれでも怒りを感じるのは理解は出来るが)



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。