読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年賀状は本当に必要か? 私は(今はまだ)必要だと思う。写真は紙の方が綺麗だ。

先ほどやっと年賀状が書き終わりました。
今年もプライベートと仕事関係合わせて100枚ぐらい。
右手が腱鞘炎になりそうです(;ω;)

この時期になるといつも必ず年賀状の必要性についてIT関係者から、年賀状不要論の話が出ます。
個人的には確かに年賀状と言う慣習がなくなってしまうだろうと思ってます。
しかし私は書き続けています。
それは何故か?
私の親族、知人、取引先には、メールアドレスがない物がたくさんあるからです。
それと合わせて、写真を送るときは今でも紙の方が綺麗だと思っています。



メールは手軽ですが、年配の方には未だにとっつきにくい方もいらっしゃります。
そのような人達に対して、「メールが使えなければ年賀状は送らない」と言う対応はいかがなものかと思います。
60代位の方ならまだしも、80代90代を相手に、今更インターネットを覚えろと言うのはちょっと厳しいかもしれませんね。
覚えた途端に昇天してしまうかもしれません。

そんな相手に対して、手紙で持って気持ちを伝えると言うのは、心遣いだと思います。
もちろん全ての方に、年賀状を出すことを推奨しているわけではありません。
必要最低限で良いと思います。はがき代だって馬鹿にならないしね。

いつか、手紙やはがきを使わない時代が来るのだろう。
それが良いことなのか悪いことなのかは、私にはわからない。
私には書き文字が心がこもっているなどと言う感傷的な気持ちはわかない。
しかし、手紙やはがきでしか伝わらないものもある。
ネットだけと言うのも寂しいものだ。

【応援リンク アマゾン編】
↓マウスを応援リンクにカーソルを合わせると本音コメント見られます。↓


さらにバーナー画像をクリックすると、アマゾンへ移動します。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。