読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K-FRONT 舞台 EACH METHOD OF THE EXTREME

最近、常々思うのだけど

役者がどんなに芝居を頑張っても、演出家や脚本家がダメだと全く報われない。
それがとても可哀想だ。
脚本家を名乗るなら、演出家を名乗るなら
せめて、役者と同じぐらいは苦悩し、勉強し、創り上げてもらわなくては困る。
なにせ、役者一人がコケてもそいつの責任だけだけど
脚本家、演出家は舞台全てに及ぶわけで


役者全員の練習量を合計したぐらい苦悩はしてほしいわけだ。俺個人的には。




さて、今回は新宿で舞台を見にいったのだが
アクションの舞台と聞いたのに、まず劇場が狭かった。
これはアクションをする劇場では無い。
近接戦闘がメインだから・・・という理由かもしれんが

近接戦闘ってのは狭い場所でするものなのか?
それ違う気がするが・・・。


不安を抱えつつ、舞台を見ていた。

戦争抑止がテーマになっているんだけど
内容を見るにつけ
戦争抑止というより、「いのちって大事だよね。みんなで仲良くね」
って感じ。







あさい!!


内容が浅すぎる。

じゃあ何か?
命は大事って叫んでれば、戦争は抑止できるのか?
マクドナルドで肉食ったその口で、いのちが大事とか言うのか?
そんなに命が大事なら、何も食えない。牛も豚も、植物だって、全部いのちなんだ。
分かってて言ってるのか?
それともてめぇのゴハンは別か?それが戦争の火種だぞ?

うあ〜とか、ぐあ〜とか叫んでるけど
ごろごろ転がってるけど
そういうのダメ。
ただの悩んだふりだってバレバレ。演技が大劇場並み。
小劇場の演技なんだから、ただ、立って泣け。それで十二分に伝わる。


戦争抑止する方法ってのは、そもそも個人の力でなんとかなるものじゃない。
まして兵士が戦場で「ダメ戦争カッコワルイ」とか、おまえの方がかっこ悪い。
リアル傭兵やリアル軍人を何人か知ってるが
「人を殺したくてうずうずしてる」奴が、山ほどいる世界。殺した後で苦悩するならともかく
殺した事も無いのに戦場で何を悩んでるんだこいつらは。

まさか軍人の自覚ないの?
こいつらの国民が心配だ。全滅させられないか不安で明日も寝られん。


結局、誰も死なない。


戦争の悲惨さを伝えるわけでもなく
ただ兵隊が一人で戦争ダメって言ってるだけ。
それにみんなが呼応していく。

おまえら全員イエスマンか。
場の論理を、そんなに簡単に全員が否定できたなら
最初っから戦争なんか起こらねぇんだよ!!!
責任者でてこいこのやろう。
オバマでもブッシュのとこでも行って、おまえの演説聞かせてやれよ。


あと、起承転結
物語ってのは、一度展開が変化しないとつまらないんだが
・・・・・・・・・・・何の変化もしなかったな。
なんか一人の特殊軍人、4人の特殊装備軍、4人の殲滅軍、
状況が変わらず、たいした裏切りもなく、なんか一人逃げ出したり、帰ってきたり、最後に手榴弾だして終わった。もう誰か死ね。


・・・話にほとんど起伏が無い。

もうあれだ。銃貸せ。俺が全員殺してやる。

銃で思ったのだけど
なんでみんな、拳銃?
おれ戦場で拳銃持ってるシーンほとんど見たことないんだけど。
普通、小銃、サブマシンガンアサルトライフルじゃない?

拳銃って警察とかが緊急で対処する時の「携帯用小火器」であって
軍人が戦場で構えるってのは室内戦でもないとありえないと思うんだけど。

あと拳銃では殺傷力が全く足りない。
例えば何度も「胸に銃口を向ける」シーンがあるが
・・・そいつ防弾チョッキ着てるよね?
たぶんほとんどダメージないよ?せめて顔に向けたほうがいいんじゃないの?
相手も軍人なのに拳銃で対応とか、絶対しないと思うんだけどなぁ。
一回、肉を撃ってごらんよ。そんなチャチなオートマチックじゃ貫通もしないから。



出演者の意味が全く分からない。


特にカメラマンと博士。

カメラマン。その存在はジャーナリストであり、戦場において重要なプロバガンダになる存在だ。
時には、戦争における重要な証明を手にし、それによって世論をひっくり返す事のできる存在である。
例えば軍上層部の人間が、敵方の連中と秘密交渉してる証拠写真なんて持ってた日にゃ間違いなく追われる立場にあるよね。
逃げろカメラマン、おまえの証拠写真で戦争を止めるんだ!!
・・・・・・・・・・あんた、なんで赤ちゃんの笑った写真撮って喜んでんの?
戦場カメラマンの癖に、死体も兵隊の写真も撮影してないやん?

地雷を踏んだらサヨウナラとか笑顔で言ってみればいいと思うわ。マジで。
意味わかんない人は、そもそも戦争演劇作る資格ないんでレンタルビデオ屋にでも行って聞け。


博士。当然に戦争における兵器を研究する存在であり
彼女の専門は脳改造だ。
高知能スーパーマウスが戦況をひっくり返してしまう可能性だってある。
すごいぜ博士、かっこいいぜ博士、時代を変えてくれ博士!!

・・・・・ねずみの説明だけで終わる博士。
ねずみ捕まえて喜んでる博士。
なんか変な液体ふって喜んでる博士。
総師とかいうおっさん暗殺に失敗する博士。

・・・・・・・・え?あれ?おれ知ってるよ?
本当はさ、あのコードネームZの脳も改造済みなんでしょ?
攻撃本能が刺激されて凶暴化とか、加速装置が奥歯についてて高速移動できたりすんでしょ?
違うの?
え・・・・・・ごめん・・・・・じゃあさ・・・なんで出てきたの?
なんで科学が人を守る事もあるとか弁明してるん?
そもそも今回の戦争で、あなたまだ何の役にも立ってないよね?


あと市民もしつこく出てくるんだけど

なんで戦場になって長い土地に
生まれて1〜2ヶ月(下手すりゃ2〜3週?)の首の据わってない赤ん坊がいて、平和に暮らしてるわけ?
産婆はどこよ?産婆もいない土地で出産したの?原始人みたいに?

この父親、鬼?



ともかくリアリティがないし
ストーリーの起伏もないし
アクション以外で、どこを楽しんだらいいのか俺には全く分からない。

「戦争は良くないよね」
なんてメッセージだけを高々と掲げられても
何も響いてこない。誰だって知ってるわそんなもん。



いつもは全役者に対してコメントを書くんだけど
書けば書くほど、キツイ内容になるんで、今日は省略する。
すまん。



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。