アマゾンの売上不安定の原因?(追記)/ネット古本屋の勉強会

アマゾンでの売上が
何も起こってないのに突然に不調になる事が良くある。
それを「たまたま」という偶然で終わらせるのは簡単だけど
中には1/2から1/3にまで低下したり、それが一週間続いたりする事があったりで
頭を悩ませていたわけで。

不思議に思って、記録に取っていたら
ちょっとした周期がある事に気がついた。

それは決まって2週間に一度起こり、その後の継続時間はその時による。

そこで仮説として

・2週間に一度、サーバーのデータを何らかの理由で移し変えている。

と仮定してみる。
アマゾンは定期的にサーバーの保管地域を変えている事は有名な事実で
※サーバーを冷やすため、寒い地域に移動する。
データを何らかの理由で動かしている可能性は十分にありえると思う。
また、定期的にサーバーのメンテナンスでデータを移動してる可能性もある。

だとしたら、こちらで対策できる事は無いのだろうか?

データを動かす過程で、問題がおきているとしたら
それは在庫データであろうが、もしかしたら停止済の在庫のデータも動かしているのかもしれない。
いや動かしているだろう。
以前、データ詰りという話を聞いた事があって、データが多く、回線の品質が悪いと
データ移行の段階でPCが止まってしまうという話を聞いた事がある。

・・・・う〜ん、そういえば、在庫の販売済みデータを長い間放置していたら
6000程度も溜まってしまっていた。

そういえば、以前に販売済みデータを整理したら
突然売れ出した事があったが、その時は
・在庫の整理する販売者を優先的に掲載しているのか?
などと考えた事もあった。
アマゾン側から見れば、メリットも無い事はないが、そんな妙な処置をするほど
サーバーに余裕はないだろうという事で考え直したが
・データ詰りした出品者の移行を後回しして、スムーズに移動したデータだけ掲載している
という可能性は十二分にありえると思う。


とりあえず疑問に思ったなら、実験してみるのが一番だろうと思い
販売済みデータ6000を、問題が起こっている1件を除いて
全部整理してみた。
・・・すると・・・
急激に売れ始めた。おいおい、まさかだよ・・・。
クリスマスという特異な日であったから、決してこれが原因とは言い切れないが
実際の話としてクリスマスは販売側にとって、マイナスの影響が強く
決して普段の比べて売れる日ではない。
※クリスマスプレゼントをクリスマスイブに注文する人は少ない。むしろ家族と家に篭るので、大半の物は売れなくなる。


とりあえず、今後は販売済みデータは細かく消して
不調日が起こるか確認してみようと思う。

もし閲覧者が、この記事をみて、試しに販売済(停止)データを整理したら
好調になったよ!という話があったら
ぜひ聞かせてほしい。よろしくお願いいたします。

※追記(販売済みデータの削除の仕方)
販売済みデータは「アマゾンセラーセントラル」から
一番上の「在庫管理」をクリックして
フィルター、在庫商品の「停止中」をチェックしますとズラっと販売済商品が出てきます。
ただしFBAに送っている途中の物も、ここに含まれますので、FBA受領前商品が存在する時は注意してください。
あと、削除後はデータが戻ってこなくなるので返品されてしまったりキャンセルされると再登録が必要になるので、それも注意です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ネット古本屋の勉強会を開きたいと考えております。

場所は都内の喫茶店とか会議室。
(新宿か東京駅近辺がいいかな)
日時は1月の後半を予定。

料金は基本的に自分の飲んだお茶代で。
会議室を借りる場合は、部屋を人数で分けます。


内容はネット古本屋に限定されていますが
せどりや店舗運営の方も参加していただけると嬉しいです。


但し「勉強会」ですので「講義」じゃありません。
勉強会というのは、お互いに教えあうものであり、教えてくれって人はご遠慮ください。
教えて欲しい人は、せどり講習会とか開業講座とか沢山あるので、そちらへどうぞ。
あと目的は「仲間内での知識の共有」です。
その詳細な内容はネットなどで他言されてしまうと困る場合がありますので
その点をご留意いただきたく思います。
なるべく誓約書など無駄な作業は省きたいので。


初心者で教える事は何もないよ〜という人は
せめて近所のリサイクル系チラシなどをかき集めていただければと思います。
他社のチラシは、今後の重要なヒントになってきますので。

参加希望の方は、ブログにコメントかツイッターなどで連絡ください。
人数を確認して、少ない場合は喫茶店、多い場合は会議室に移行します。
飛び込み参加は席数がある限り許可しますが、席が足りない場合はご遠慮願うこともありえますので
なるべく連絡くださいませ。

当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。