読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

並行輸入とはそもそも何か / 最低価格の更新は本当に必要か? / 死神くん実写化

並行輸入の話が一部で出てるけど
(勉強会でも少し話題になっていたけど)

ちょっとこれ、普通の輸入と違うので
正規輸入と一緒にしない方がいいんだよね。

並行輸入ってのは、すでにブランドがあるものを指していうんだけど
ブランドは国ごとに別々の戦略を立てて販売してるので
例えばアップルだったら、日本と中国のIpadは全くの別物なんです。
見た目は同じだけどね。

中身の耐久度とかが違うぐらいならいいんですけど
ソニー任天堂みたいなゲーム機器の場合
日本と中国などで「動くソフトが違う」という場合があり
知らない利用者の場合「偽物だ!!」とクレームがつくリスクがあるわけです。

そこまで極端じゃなくても、縫製品なども粗雑だったりするので
当然「偽物なんじゃない?」というクレームは付きますし
ブランドが確立した商品は基本的に「正規輸入品」と並行輸入品は全くの別物扱いである事は
ネット販売においては常識な事であって
それを先に調べておかないうちから輸入に手を出すこと自体、かなり知識不足だと言わざるをえないでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最低価格の更新、アンツだとかせど楽くんだとか色々とあるらしいですが
実際のところ、本当に必要なのかなぁ?と。

うちでは2〜3か月に一回程度、暇になった時に思い出したようにやりますが
まぁ正直いって、そんなに売れ行き変わらないです。
高単価商品は基本的にFBAに送っちゃっていますので
販売力で最低価格に十分対抗できますし、1円本になった本は基本的に美品しか残していません。

FBAor美品の2点が、最低価格、販売リスト上位者に対抗できる手段だと思っていますので
そこまで最低価格にこだわる必要性があるのかなぁと。

もちろんそれは戦略的な考えなので、1円単位で他の業者と戦う場合は必要な事なのかもしれませんが。





死神くんが実写化するようです。


私の子供の時の道徳観念に大きな影響を与えました。
価格が高騰するのはなんだか不思議な気分ですが、逆にこれで再版されれば面白いかもしれません。

原作者のえんどコイチ氏は以前に「ついでにとんちんかん」というギャグ漫画をヒット、アニメ化されましたが
実は死神くんのほうが先の作品です。

新書版と文庫版(たしか愛蔵版もあったはずですが、アマゾンのカタログには存在しません。記憶違いかな?)の2種類が出ていますが
個人的な意見としては、オリジナルの新書版がおすすめです。
プレミア化してしまい高額ですが、文庫版は作者がその後、すこし書き直してしまい
小奇麗になっていますが、作風と微妙な不一致が生まれています。
まぁ、これは私個人のこだわりであるかもしれませんが・・・。


当サイトの収入源は広告になります。
下記バーナーを一日一回、クリックしていただけると助かります!!



あくまでも個人の主観にて記載しております。
諸々の判断は、個々に審査して自己責任で活用ください

医学に関して、当方は患者であり医学者、治療者ではありません
全ての判断は個人にお任せしております
当方のブログを見て実践した事による損害に関しては
一切の責任は当方にありません

こちらのブログは著作権が園田広宣にございます
無断での複写、公開は著作権法の範囲で違法になる場合がございますので
どうぞご理解いただければと思います。

皆様のご協力、そして応援に、深く感謝しております



古本屋エイジロメン 店長ブログ 高次脳機能障害と仕事と日々の暮らしと… 園田広宣
はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。